このイベントは開催終了いたしました。

3/6 () 13:00~

【限定5席】知らないと112万円損する?大学院進学するのに給付金もらえるって知ってた?セミナー

会員限定 オンライン開催

過去, 2021年3月, 溝の口スタジオ, イベント

Googleカレンダーに登録

 

大学院に行きたいけど、お金が不安…


あなたはこういうことで悩んでいないでしょうか?

 

「大学院を目指しているけど、やっぱり学費が気になる…」

 

「自力で進学対策をしているけど、独学はしんどい…。
でも予備校に行くとお金がかかるし…」


 

「税理士試験の科目免除のため大学院に行こうかな…。

 でも学費が高いし…」

 

こういうことで悩みだすと、

勉強する気持ちも下がってしまいますよね。

この気持ち、非常によくわかります。

 

MBA(経営学修士)を取って転職を成功させたいけれど、

年間50-100万円程度学費がかかるのは家計的にキツイ。

 

まして予備校に行くほどお金の余裕がない。

 

こういうことで悩んでいらっしゃる方は

非常に多いです。

 

大学院に進学する社会人の方は

全国で年間8,000人程度。

 

数も少ないので、

なかなか情報も集まらないですよね。

 

そういう方のお悩みを解消できるかもしれないセミナーを、

この度「勉強カフェ」の会員さま限定で開催することになりました!

 

札幌の地からオンラインで全国の大学院に合格者を輩出中!

申し遅れました、

私は「社会人のための大学院合格請負人」の

藤本研一と申します。




北海道の地で「札幌駅前 作文教室ゆう」という

大学院進学へのトータルアドバイスを行う塾を

経営しています。

 

私の塾から歩いて3分の場所に

北海道大学大学院と

小樽商科大学大学院MBAコースがありますが、

どちらにも毎年合格者を輩出しています。

 

それだけではなく、

オンラインを利用して

全国の受講生の方に

大学院進学のアドバイスを行っています。

 

そのため、冒頭に述べたようなお悩みを

私自身が伺うことが多いです。

 

「せっかく学びたい意欲があるのに、

 お金が原因で進学を断念するのは

 本当にもったいない・・・。

 なにかいい方法がないのだろうか・・・?」

 

受講生の方のお悩みを伺うなかで

私も考えるようになりました。  

 

…ちょうどそんなとき、

「ある方法」を発見したのです。

 

それが、厚生労働省が行っている

「専門実践教育訓練」の給付金制度だったのです。

 

最大112万円が戻ってくる?「専門実践教育訓練 給付金」制度とは?

突然ですが、あなたは現在


正社員として勤務なさっているでしょうか?

 

もし1年以上在職なさっている場合、

「専門実践教育訓練 給付金」の対象となります。

 

これは何かと言いますと、

厚生労働省が指定した大学院のコースを受講する場合、

支払った学費の50%または70%分が

後ほど「還付される(国から返金してもらえる)」という制度です。

 

つまり、学費が仮に年100万円かかる大学院でも

【50-70万円】が最終的に還付される、

ということになります!

 

この制度を活用できれば

「勉強したいけどお金が…」

というお悩みも解消できるかもしれませんね!

 

なお、対象となる大学院のコースの一覧にはこういうものがあります↓

 

・一橋大学大学院 戦略研究科経営・金融専攻 金融戦略・経営財務コース

・早稲田大学大学院 商学研究科 ビジネス専攻 夜間主総合MBAコース

・千葉商科大学大学院 会計ファイナンス研究科(会計プロフェッショナルコース)

・明治大学大学院 ガバナンス研究科ガバナンス専攻(夜間コース)

 

※1 他にもあります↓

 https://www.mhlw.go.jp/content/11804000/000338577.pdf

 

※2 最新版のものはこちらで調べることが出来ます↓

https://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/SCM/SCM101Scr02X/SCM101Scr02XInit.form

 

活用できるとあなたの進学の役に立ちますね!

行きたい大学院が対象になっていないことも…

ただ、対象となっている大学院って、

まだ少ないのが現状です。

 

基本的には「専門職大学院」が対象となっている他、

似たようなコースであっても
対象なるケース・ならないケースがあるので

注意が必要です。

意外と役立つ!特定支出控除の制度


行きたい大学院のコースが

対象となっていない…。

 

そうなっている場合も、

実は別の制度でお金が戻ってくる場合があります。

 

それは何かというと「特定支出控除」という制度です。

 

自分の仕事に必要な内容を大学院で学んでいる場合、

かかった費用の一部が還付される場合がある、

というケースです。

 

例えば年収500万円で

学費94万円の大学院に通った場合、

2年間の還付額の合計が【4万4,000円】が

修了後戻ってくるという制度です。

 

先程に比べればちょっとした金額かもしれませんが、

お金が戻ってくると嬉しいですし、

「がんばって勉強しよう!」

という思いにもなりますね!

 
詳しく知るには?
さて、ここまで「専門実践教育訓練 給付金」制度について

ご説明してきました。

 

なかには

「もっと詳しく知りたいな…」

という方もいらっしゃると思います。

 

また

「手続きの仕方も聞きたい…」

という方も多いかもしれません。

 

そのため、今回 私が

オンライン上でこの制度についてのご説明の他、

「大学院進学に向けてなにから取り組めば良いのか」を

ご説明するセミナーを実施することとなりました!

 

大学院進学目指して「勉強カフェ」で学んでいらっしゃる、

あなたのお役に立てれば幸いです!

 

詳細は以下のとおりです。

セミナー内容


(1)大学院進学にかかるお金はいくらくらい?
(2)給付金の対象になることも!
(3)じゃあ、どう勉強すればいいの?
(4)受かってからの学生生活のイメージ
 ※内容は多少変わる場合がございます。

こんな方にオススメ

・大学院進学を目指していらっしゃる方
・学費がネックになって、進学を検討中の方
・大学院進学に向けてなにから取り組めば良いのか、よくわからなくなっている方

講師紹介




藤本研一
社会人のための大学院合格請負人/札幌駅前 作文教室ゆう代表

早稲田大学教育学部・
早稲田大学大学院 教育学専攻修士課程修了

高校教員として勤務後、

「履歴書が書けない!」ことから何度受けても就職試験に
落ちまくっていた生徒を1対1の文章指導で見事内定に導く。

この経験を元に
「書けなくて人生損している人を救いたい!」と
一念発起して塾を開業。

現在では
慶應義塾大学や早稲田大学の小論文試験対策はもちろん、
社会人の大学院入試合格のための
1対1講義を教室&オンラインで日夜実施中。

「単に合格するだけでなく、
合格してからも役立つ思考法が身につけられる!」

「単なる小論文対策ではなく、
志望理由や研究計画書、
学習スケジュールの策定や面接対策まで
トータルに教えてくれる!」

という感想を多数受けている。

◆日時&料金

日付:2021月3月6日(土)
時間:13:00~14:30
受付は12:45から

13:00-14:00 セミナー
14:00-14:30 質疑応答

場所:オンライン
ZOOMというビデオチャットソフトを使用いたします。
参加者には、前日にメールにてURLをご案内いたします。

料金
通常:3,000円 → 勉強カフェ会員様特別価格:無料

定員

限定
※満席になる可能性があるため、お早めにお申し込みください!

セミナー申し込みはこちら↓↓のバナーをクリックし、必要事項をご記入してください!
会員さま専用お申込みフォーム

当イベントに関するお問い合わせはこちらまでお願いします。


勉強カフェ溝の口スタジオ
Mail : mizonokuchi[ at ]benkyo-cafe.net お手数ですが[at]を@に変更して下さい。

 

 


勉強カフェ
「勉強カフェ®」は株式会社ブックマークスの登録商標です。