このイベントは開催終了いたしました。

2017/12/12 () 19:00~

【プレジデントアカデミー】孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術

満員御礼 ゴールドクラス以上限定 BCポイント特典利用可能 会員限定

過去, その他, ゴールドクラス以上限定イベント

Googleカレンダーに登録

logo_PresidentAcademy_long

※本セミナーは一部会員さま限定の特別セミナーです。
ゴールドクラス以上の方、あるいは、BCポイントの利用で株式会社ビジネスバンクグループが主催する
“プレジデントアカデミー”の各種有料セミナー(10,000円相当)に無料でご参加頂けます。
※休会中の方、コミュニティユース会員の方はご参加頂けません。

孫社長は、なぜ「大当たり」を連発できるのか

「いま、日本を代表する経営者と言えば?」

そう質問をすれば、多くの方がソフトバンク代表の「孫正義」氏を挙げると思います。

たった一代で「純利益1兆円」という途方もない規模の会社をつくりあげた孫社長。

その強さの秘密は、いったいどこにあるのでしょうか。

実は、その秘密は「数値化」。

「天才的な経営者」と称される孫社長ですが、実際には違っています。

孫社長は「勘や感覚」で物事を判断するのではなく、数字を通して徹底的に未来を予測し、超高速でPDCAを回すことで、施策を「成功させている」のです。

それでは、孫社長流の「数値化」仕事術とは、いったい、どんなものなのでしょうか?

世界トップクラスの「数字への執着」

今回、講師としてお招きする三木氏は、そんな孫社長の「社長室長」として、現在のソフトバンクをつくりあげてきた人物。

三木氏に言わせると、孫社長の数字へのこだわりは、世界でもトップクラスだと言います。

「何事も数字で考えろ!」
「考える前に数えろ、議論する前に数えろ」
「数字で語れない者は去れ!」
「この数字はおかしい。この%の分母と分子はなんだ?」

ソフトバンクの社内では、そんな孫社長の怒鳴り声が響き渡っていると言います。

それでは孫社長は、どのように数字を活用しているのかというと、次のようなステップを踏んでいます。

①現実に起こっている事象を数値で把握する

②ぞれを分析して問題のありかと根本的な原因を探る

③解決策を考えて実行する

④その結果をまた数値で把握・分析する

②に戻る

このサイクルをスピーディに回しながら、超高速で問題を解決していくのが、孫社長流の「数値化」仕事術です。

でも、いったいどうやって実戦すればいいのでしょう?

その具体的な方法を、今回は三木氏に90分間、たっぷりと語っていただきます!

孫社長の強さの秘密が、たった90分で手に入るこの機会を、お見逃しなく!

こんなことでお悩みの方にオススメ

  • 孫社長の強さの秘密を知りたい…
  • 数値化はしているが、成果につながらない…
  • 勘と感覚で仕事をしてしまっている…
  • 数値と根拠を基に仕事をする組織をつくりたい…
  • 数字に苦手意識がある…
今回はこのような悩みを抱えている方に、特にオススメの内容です。

今回のセミナーで、得られるもの

  • 孫社長が経営戦略を成功し続けられる理由
  • 「数値化仕事術」を実戦するための7つのポイント
  • 問題解決に絶対役立つ「データ分析の7つ道具」
  • よくある「間違った数値化」と、気をつけたい3つのワナ
  • 孫社長流の「数値化仕事術」
などなど

講師紹介


三木 雄信 氏
トライオン株式会社 代表取締役

1972年、福岡県生まれ。東京大学経済学部卒業。三菱地所(株)を経てソフトバンク(株)に入社。ソフトバンク社長室長に就任。孫正義氏のもとで、プロジェクトマネージャーとして活躍。また、一連の事業を通して「高速PDCA」の土台を構築する。
2006年に独立後、ラーニング・テクノロジー企業「トライオン株式会社」を設立。1年で使える英語をマスターするOne Year English プログラム〈TORAIZ〉を運営し、高い注目を集めている。
多数のプロジェクトを同時に手がけながらも、ソフトバンク時代に培った「高速PDCA」を駆使し、現在は社員とともに、ほぼ毎日「残業ゼロ」。高い生産性と圧倒的なスピードで仕事をこなし、ビジネスとプライベートの両方を充実させることに成功している。
最新刊『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA』(ダイヤモンド社)が絶賛発売中。

セミナーの詳細

日程: 2017年12月12日(火)
時間: 19:00〜20:30
会場:渋谷クロスタワー24F

会員様専用お申込みフォーム


勉強カフェ
「勉強カフェ®」は株式会社ブックマークスの登録商標です。